頻繁に行われていた。

未分類

頻繁に行われていた。

出生前診断と堕胎が許されるのなら、 生まれてきた障がい者の首絞めるのも許されます。
それどころか、無能なあなたの命だって、保証されないかもしれません。

生命の選別や殺人は、絶対に反対です。 異論があれば伺いますが、こんなにハッキリした話もないでしょう。 よく、江戸時代の日本では貧しいから。
障害者だから。という理由で間引きが頻繁に行われていた。だから堕胎はある意味、人道的にも許されることだ。なんておっしゃる方が見受けられますが、 車を売る現代の社会福祉制度や価値観と、前近代的な風習や封建制度を混同している時点で論点のズレがあると思うんですよね。
「障害者に生まれるなんて嫌だ」って、人間、高齢になれば誰でも多かれ少なかれ障害を持つんですよ。それに「障害者でも生きる権利がある」なんて基本理念の話ではなく、障害者だろうがなんだろうが「生き難くない」社会を目指すのが本筋だろ?って話でしょ。
原理原則に拘泥する人に意見を述べる「能力」はありませんし、議論に参加する資格もありませんね。案外、辞書は比較しないものですし、イメージで選ぶものです。