軽いポスト

未分類

軽いポスト

造反者への処分は、原発再起動とは比べるべくもない小さな小さな判断と責任ですが、原発では「私の責任」を連発した総理が、この程度の党内問題に判断も責任も示さないというのも不思議です。

今回よく判ったのは、民主党では、党代表というのはとても軽いポストなのだということです。 ただでさえ日本のトップが新車のプリウス国際的に軽く見られてしまっている中、そんな政党のトップを国のトップに据えて良いのか、日本国民として非常に不安を覚えます。
自公民3党は基本的に間違ったことをやってるのです。自公民3党合意こそが史上最低の茶番劇なのです。民主党は法案採決の前に党内会議をやるべきでしたが執行部はまとまらないのを恐れてやらなかった。自公民3党こそ全員クビなのです小沢氏は鳩山さんに気兼ねしてなかなか離党できない。もう歳だから新党を作る気力もなかなかないわけです。
史上最低の茶番劇をやってるのは民主党執行部のほうで、大恥をかいたのは自民党谷垣のほうなのです。私は民主党全体がダメだと思っています。