公式に認められています。

未分類

公式に認められています。

押し切れば「こんな法案を通す政党は次の選挙で落せ!」と騒がれるし、実際に落されて、中途半端でザルになる法案が残るような、そういう悪循環をこの20年くらい繰り返しているように思えます。

日本の最大の謎の一つがパチンコです。 競馬や競輪、競艇にボートなどは、ギャンブルであると同時に(国際的な価値観からみても)「レースを見るという娯楽」でもあり、かつ公式に認められています。
一方でパチンコは、そもそも(昔の指ではじくタイプならばともかく、現在の台は)その行為自体を娯楽というには無理があり、純粋にお金が目当てという人が圧倒的多数だと思います。 更にパチンコをギャンブルとするなら明確に非合法です。
図らずもこの記事でも「厚生労働省」が「ギャンブル」の中にパチンコを分類していますが、そうであれば明確に違法行為を国が認めてしまっていることになります。 明確な違法行為が堂々と放置されている状態。 これは普通に考えると極めて不思議な「社会の闇」です。