味が濃い

未分類

味が濃い

文字の羅列である。 その文字の羅列から私たちは人物や風景を想像し、楽しむことが出来る。
建築でも世界遺産『日光東照宮』も門の一部の柱をあえて逆さまにして

未完成にすることで永遠の美を手に入れている。
果たして、新作『北斗の拳』はどういう風に第二部へとつながるのだろう? 少しだけ怖い。 さて、もう一つは少年チャンピョンで連載されていた『範馬刃牙』が蟹 通販 おすすめ『刃牙道』と言う名で連載を始めた。 未読の人のために言うと、いろいろあった挙句の果てに父親がイメージの味噌汁を作って「味が濃い」とか言って(想像の)ちゃぶ台をひっくり返して主人公の刃牙は最強を手に入れた。
何を書いているかわからないだろうが、実際そうなんだから仕方がない。 私自身は範馬刃牙の前に連載されていた刃牙の最後らへん(アライジュニア)からの読者だ。 元々は『サナギさん』目当てだったので刃牙にはさして興味はなく、あの絵柄が嫌で倦厭していたが読んでみると普通に面白かった。 ただ、その評価がどんどん落ちていったのも事実。