銀行に信用

未分類

銀行に信用

結局、「重大な違反」になるかそうでないかは、監督官庁である金融庁が判断を下すもの。大部分のケースでは、ちんけな違反がたぶんにあり、その関係で、「重大な違反」評価するものです。

紹介しよう「銀行の運営なんてものはその銀行に信用があって大成功する、もしくは融資するほど値打ちがあるとは言えないと断定されて順調に進まなくなるか、どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)

信用格付機関による格付けの長所は、膨大な財務に関する資料を理解することが無理でも知りたい金融機関の経営状態が判別できるところにある。ランキング表で複数の金融機関の健全性を比較することも可能なのです。

簡単、外貨MMFとは、国内でも売買することができる貴重な外貨建て商品である。外貨預金と比較して利回りがずいぶん高いうえ、為替の変動によって発生する利益は非課税であるというメリットがある。興味があれば証券会社で購入しよう。

小渕首相が逝去、森内閣が発足した2000年7月、大蔵省(現在の財務省)からこれまでの業務以外に金融制度の企画立案事務を移管させて平成10年に発足 した金融監督庁を金融再生委員会の下に属する金融庁に再組織した。そして2001年1月、上部機関の金融再生委員会を廃止し、内閣府直属の外局となったの である。