笹井氏のウイキペデイア

未分類

笹井氏のウイキペデイア

笹井氏は何回もSTAP細胞が存在していることを見てきているはずである。
この遺書は、本当に笹井氏の筆跡なのか?

また ミミズののたうちまわったような字体で書かれているのではないのか?
○恐ろしいほど速い 笹井氏のウイキペデイア 。
まるで、笹井氏の死亡を予期しているかのように 死亡報道が出た途端に ヤミ金業者笹井氏ウイキペデイアに 没年が書き込まれていた。
誰でも入れるラボラトリーで夜間 首をつっていたとしても 遺書を偽造されたら それで自殺だと 判断して 司法解剖をしないですませるのは 「他殺」を見逃す手である。
ちょっと気づいたが この笹井氏の場合は 松岡氏のときと同じく 病院と同じような場所、つまり再生医療の現場で 医者が すぐに見れるところで 「死亡」となっているため 本当の死因を司法解剖しなくてすむように なっている。
また、最初は首をつっていて 毎日新聞は 「死亡」と報道していた。 しかし、そのあと 「再生を試みている」という ことで 病院に運ばれて すぐに そこで 医者が 「死亡」診断をしている。