再現できるか

未分類

再現できるか

兵庫県警が 自殺とみて調べている。
理研幹部らに宛てた遺書が残されていたという。

STAP細胞を巡っては、理研が4月以降、論文通り再現できるか検証実験を進めてお り、8月中に中間報告を出す予定だった。
◇カバンに3通の遺 県警によると、ヤミ金 対応笹井氏はCDBと通路でつながった先端医療センターの研究棟の4階と5階の間にある踊り場で、手すりにくくりつけたひも状のもので首をつっていた。
半袖シャツにスラックス姿で、踊り場には革靴とカバンが置かれていた。関係者によると、3通の遺書がこのカバンに入っており、1通はSTAP論文筆頭著者の小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)宛て。他に笹井氏の研究室にある秘書の机上にも遺書のようなものがあった。
笹井副センター長は1986年に京都大医学部を卒業。36歳の若さで京大教授に就任した。2000年に理研に入り、グループディレクターを経て13年から現職。胚性幹細胞(ES細胞)研究の第一人者として世界的に有名だった。