純情な心理

未分類

純情な心理

それだけの自己犠牲を覚悟させるほどに魅力的な信頼できる異性がいないからという意見もあるかもしれないが、やはり過去と現在では

『異性・恋愛・ 性にまつわる情報量や知り合える異性の数』があまりにも違いすぎて、過去のような初めて付き合った相手との運命を信じ合えるほどに素朴・純情な心理にもな りにくい。
またネット以前の1970~1980年代までの社会では、不倫調査静岡遅くとも30代で9割以上の人が結婚・出産をしており、そこで自分だけが結婚しないとい う選択はしづらかったため、恋愛や結婚に対する必死さのレベル(異性・結婚がダイレクトに人生・労働のメインの目的や意味になっていてそこに疑問の余地も 異論めいた情報もなく、周囲の紹介も熱心)が違うということもある。 異性を求める恋愛や性愛を『本能』によって説明しようとする意見もあるが、人間にとっての異性関係や性的行為は『本能的・反射的な行為』というよりは『文化的・幻想的な行為』としての側面を強く持つ。