それなりの輸送手段

未分類

それなりの輸送手段

「慰安所」の経営者は中国人だったし、日本では当時公認の娼妓と呼ばれた女たちも中国人だった。
彼らも食料やその他の生活用品が必要だ。

大人数なのだから、それなりの輸送手段もいる。不倫調査宮崎辺鄙な場所だから部隊に頼る以外方法がない。 部隊が移動する時もそうなるだろう。 私の話す湖北省の言葉もだいたい通じたので、経営者と立ち話をして彼女たちについてそれなりの様子も聞き出せた。
今でも「慰安所」の両側に部屋のある中廊下を巡察した不粋な自分の姿を思い出すが、こんな漫画にもならない風景が現実にあったのだ。 これは私の部隊だけではないと思う。
もう六十年も昔のことである。 時代が変わり、また平時と戦時の違いもある。 したがって娼妓(ここでは慰安婦に相当する)に対する解釈も当然変化している。 そうであるにもかかわらず、すでに証拠も不完全になっていることを幸いに、今更これを問題にして騒ぎ出す者たちの狙いは何なのか。 言えることはただ一つ、不完全だからこそ喚き散らしていれば何かが得られると狙っているということだ。 戦場に身を曝し、敵弾の洗礼を受けた者として最後に言っておく。
このことだけは確かだ。