若い研究者

未分類

若い研究者

日本の恥、言葉を変えれば「国賊」「亡国の徒」の見本市です、優秀な人間、愛国者は潰され、バカだけが生き残る、アメリカの日本占領政策は徹底的である。

下らぬ問題を誇大報道し、若い研究者のミスを大問題としてしつこく報道し、政権の大問題は報道しない、今この国はとんでもない方向に向かい、愚民化政策が徹頭徹尾行われている。

国会で謝罪したNHK籾井会長の答弁を青木理と町田徹が批判!
スタンドに飛び込むかと思われるようなライナー性のあたりをジャンピングキャッチ、イチローならばの足と技術、そして勇気。

アメリカの巨人軍にして札束で勝つ事しか頭に無い人種差別球団にあって、イチローは老化だの衰えを指摘されながら、5番目の外野手と言う不名誉な立場にありながら、しかし「与えられた」チャンスで確実に光っている。

曇ったヤンキー監督等の目には見えないのだろうが、或いはシリーズMVPをとった翌年に首にされた松井のように、所詮はジャップのもがきとしか 思わないのだろうが、アスリート・イチローは自分の全能力を開花し観客を魅了するのだ、イチローが先発、或いは活躍した試合はヤンキーすに勝ちを呼び込ん でいるが、文字通りヤンキーの首脳陣の曇った目と、固定概念と偏見に支配された頭脳には理解も記憶にも価しないのだ。