松葉ガニ

未分類

松葉ガニ

花咲ガニですが、獲れる時期が短く(初夏の頃から晩夏の頃)、なので新鮮な旬の時期しかない代表的な蟹であるが故に、そういえば、食べたことないなどという人が意外といるかもしれません。

滅多に食べられない松葉ガニも購入しやすい水ガニも二者共にズワイガニのオスなのです。しかしながら、同等な甲羅のサイズでも松葉ガニの価格は高額に付けられているのに、水ガニは予想よりリーズナブルです。

日本人が大好きな本ズワイガニの方が、かなり絶品な上にデリケートで、茹でた後に赤くなる大ズワイガニの方は淡白という身が大きくなっているので、全力で楽しむには人気となっています。

茹でられたものを頂く際には、私が茹でるより、煮られたものを販売店が即行で冷凍加工した冷凍品の方が、本当のタラバガニの素晴らしい味を味わう事が出来る。

普通カニと言いますと身を戴くことを思い描きますが、ワタリガニでしたら爪や足の身だけじゃなくボリューム満点の肩の身やカニミソを食べるが、他の何よりも新鮮なメスの卵巣は抜群です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA