脂質過多

未分類

脂質過多

酒類に含まれるアルコールを無毒化する作用のあるナイアシンは、不快な宿酔に効果的な成分です。辛い二日酔いの原因だといわれるエタナール(アセトアルデヒド)という化学物質の分解に関係しているのです。

内臓脂肪が多いことによる肥満が確認されて、脂質過多(ししつかた)、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2項目以上に当て嵌まる事例のことを、メタボリックシンドローム、略してメタボと呼んでいるのです。

触れ合うことで、被介護者が犬のことを愛おしく思う時に「愛情のホルモン」とも言われているオキトキシンが分泌され、結果としてストレスを減らしたり精神の癒しなどに繋がっているのです。

高齢化が原因の難聴では毎日少しずつ聴力が低下していきますが、普通60歳過ぎまでは聴力の衰退をなかなか把握できないものです。
汗疱状湿疹(汗疱)とは主に掌や足裏、または指と指の隙間などに細かい水疱が出る病気で、広くはあせもと呼ばれており、足の裏に出ると水虫と間違われることが多くあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA