ハットトリック(服部君)

ハットトリック(英: hat trick)とは、古典的な奇術で、シルクハットを用いてウサギなどを取り出す芸のことです。
また大道芸で、ダービーハット、シルクハットなどを使い、回す、ジャグリングのように投げる、身体の上を転がすなど芸のことをも指す語であります。
2012-02-15-041034
語源は諸説ありますが、イギリス発祥のクリケットに由来しているといわれています。
クリケットは野球の元になったスポーツで、投手(ボーラー)はウィケットという柱と横木に向かってボールを当て、それに対して打者(バッツマン)はそれを守るためにボールを打ち返します。

ウィケットの横木を落とせば打者はアウトになります。
3人の打者を連続でアウトにするのは、野球以上に難しいといわれています。

この偉業を成し遂げた選手には高級な帽子が贈られ、大変な名誉なこととされました。
これがサッカーでも使われるようになり、1試合で3得点した場合をハットトリックというようになりました。

このほか、選手の功績を称えて観客が帽子を投げ入れたからとも言われ、これが「ハットトリック」の語源になったともいわれています。

人生におけるハットトリックを」決めるべく頑張っている服部のサイトです。
にんにん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>